健康

あなたの五行バランスは崩れている!?金性の過不足による体の症状と対処法

  1. HOME >
  2. 健康 >

あなたの五行バランスは崩れている!?金性の過不足による体の症状と対処法

体内の五行バランスが崩れている原因が金性の過不足だった場合、一体どんな症状として現れるのでしょうか。また、その症状を改善するためには、どんな食材を生活習慣に取り入れていけばいいのでしょうか?

金性によって五行のバランスが崩れると、体の不調としてどういう症状になりやすいのか、金性を補うためにはどんな食材を取り入れることが有効なのかを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

金性の不調は「肺」に影響を与える

金性が不足していたり多すぎると、肺機能に関する不調が起きやすくなります。肺は空気中の酸素を体内に取り込んで二酸化炭素を排出する呼吸の働きを担います。また、津液の代謝や免疫などの機能も司っています。

そのため肺の機能が低下すると、呼吸困難や喘息、咳や息切れなど呼吸器系の機能低下がもたらず「肺気虚」と、津液の代謝の異常による「肺陰虚」という病態を引き起こします。また、肺の免疫機能の低下により「風寒塞肺」や「風熱閉肺」などの病態も現れやすくなります。

肺気虚 呼吸器系の機能が低下して現れる病態。弱々しい咳が出る、息苦しさを感じる、疲れやすくなる、汗が勝手に出てくる、悪寒などの症状が現れる。
肺陰虚 津液の代謝機能が低下して現れる病態。口が渇く、渇いた咳が出る、粘り気のある痰が絡む、寝汗をかきやすくなる、疲れて痩せ細るなどの症状が現れる。
風寒塞肺 宣散作用の低下により現れる病態。咳が出る、水っぽい痰、鼻詰まり・鼻水が出る、悪寒、汗が出ない、発熱などの症状が現れる。
風熱閉肺 免疫機能の低下により現れる病態。咳が出る、黄色く粘り気のある痰や鼻水が出る、喘息症状、喉が熱を持つ、口が渇くなどの症状が現れる。

金性のバランスが偏っていると、肺の不調に悩まされることが増え、呼吸機能や津液の巡り、免疫機能に関する症状が起こりやすくなります。

金性を補うためには辛いものや白い食材が有効

金性の性質を持つ、辛いもの、白い食材を食事に取り入れるようにすると効果的です。また、肺機能が衰えていると鼻の不調に悩まされやすいので、有酸素運動を生活の中に取り入れるなどして肺機能の強化に努めると良いでしょう。

金性のラッキー調味料生姜や山椒
金性のラッキー食材稲、葱(ネギ)、桃、馬肉
辛い食材スパイス関連(シナモン、ナツメグ、クミン、胡椒)、カラシ、生姜、パクチーなど
白い食材玉ねぎ、ニンニク、大根、お米、パン、素麺、牛乳、豆腐、ゴボウ、じゃがいも、しらたきなど

多すぎる金性を減らしてくれるのは火性水性の食材

金性を抑え込む火性の性質を持つ食材や、金性を減らしてくれる水性の性質を持つ食材を取り入れると効果的です。

-健康
-, ,

© 2021 健美Style