健康

陰虚体質【体質別の解説と養生法】

  1. HOME >
  2. 健康 >

陰虚体質【体質別の解説と養生法】

陰虚体質ってどんな体質なんでしょう?
陰虚体質の方のために、体質の特徴を解説し、おすすめの食材と養生法をまとめました。

「陰」の気が不足し、潤いがなく乾燥しがち

「陰虚体質」とは、体を潤す「陰」の気が足りず、体内の津液が不足している状態です。「陰」の気は年齢と共に減少するため、更年期が近い40〜50歳代以降になりやすい体質です。

水分が不足することで、相対的に熱が強くなり、皮膚や髪が乾燥気味になります。熱がないのに熱っぽさを感じることもあります。寝汗をよくかき、口内や目も渇きやすくなります。血液中の水分も少なくなるので、血液がドロドロになりやすいのが特徴です。

過労や睡眠不足、ストレスは津液を過剰に消耗することになるので「陰虚体質」を引き起こしやすくなります。体質を改善するためには、過労にならないように、過度な運動を控え、十分な睡眠を取るようにしましょう。また、体に潤いを与えることを考え、「陰」の気を補う食材を積極的に取り入れましょう。

「陰虚体質」の主な症状

  • 頭がのぼせ、体が火照りやすい
  • 喉の渇き、目の渇きが起きやすい
  • 便秘になりがち
  • 体型が痩せ型で、食べても太りにくい
  • 肌や皮膚が乾燥しがち

体質改善におすすめな食材と養生法

五性
五味 甘味 酸味 鹹味
食材漢方食材枸杞の実、松の実
薬味など黒ごま、白ごま
穀類&豆類あわ、豆腐
野菜&きのこトマト、白菜、やまのいも
果物&木の実梨、りんご
魚介&海藻蟹、昆布
肉・卵&乳製品豚肉、卵、チーズ
調味料白砂糖、はちみつ、オリーブオイル
養生法香辛料などの辛味があるもの、にんにくや生姜も控えて、果物などから甘味と酸味があるものを多く取ると良いです。ストレスがたまらないように、睡眠をたっぷりとり、規則正しい生活を意識しましょう。

-健康
-, ,

© 2021 健美Style