健康

あなたの五行バランスは崩れている!?火性の過不足による体の症状と対処法

  1. HOME >
  2. 健康 >

あなたの五行バランスは崩れている!?火性の過不足による体の症状と対処法

火性によって五行のバランスが崩れると、体の不調としてどういう症状になりやすいのか、火性を補うためにはどんな食材を取り入れることが有効なのかを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

体内の五行バランスが崩れている原因が火性の過不足だった場合、一体どんな症状として現れるのでしょうか。また、その症状を改善するためには、どんな食材を生活習慣に取り入れていけばいいのでしょうか?

火性の不調は「心」に影響を与える

火性が不足していたり多すぎると、心の不調が出やすくなります。心は体内の太陽的な存在で、生体全体の最大のエネルギー源であり司令塔のような働きを担います。

火性を示す心の代表的な不調は「心気虚」「心陽虚」「心血虚」「心陰虚」の4つに分類されます。これらの不調により、血液循環の機能や精神活動の低下が体の不調を招きます。

心気虚 心気が不足することで生じる病態。動悸や息切れ、精神疲労や顔面蒼白などの症状が出やすい。
心陽虚 心陽が不足することで生じる病態。心気虚の症状に加えて、手足の冷えを感じる、勝手に汗が出る(自汗)、胸痛や顔面のむくみなどの症状も出やすい。
心血虚 心血が不足することで生じる病態。物忘れが多くなったり不眠に陥りやすい。頭がクラクラする、顔色が悪い、動悸がするなどの症状が出やすい。
心陰虚 心陰が不足することで生じる病態。眠りが浅く寝汗がひどい、口や喉が渇く、動悸がする、手足に不快な熱感があるなどの症状が出やすい。

火性のバランスが偏っていると、心の不調に陥りやすく、心の不調は気・血の異常、あるいは精神症状となって現れやすいです。

火性を補うためには苦味があるものや赤い食材が有効

火性の性質を持つ、苦味があるもの、赤い食材を食事に取り入れるようにすると効果的です。また、心臓に関する不調が多い場合は適度な運動を取り入れることで血の回りもよくなり、症状が改善されるでしょう。

火性のラッキー調味料
火性のラッキー食材黍(きび)、薤(ラッキョウ)、杏(あんず)、羊肉
苦味がある食材ゴーヤ、ピーマン、アーモンド、コーヒーなど
赤い食材赤ピーマン、たこ、唐辛子、トマト、人参、赤キャベツ、苺、スイカ、赤貝、鮭、マグロ、豚肉、赤身肉など

多すぎる火性を減らしてくれるのは水性土性の食材

火性を抑え込む水性の性質を持つ食材や、火性を減らしてくれる土性の性質を持つ食材を取り入れると効果的です。

-健康
-, ,

© 2021 健美Style