健康

日常生活で気をつけるべき化学物質~Part2~

  1. HOME >
  2. 健康 >

日常生活で気をつけるべき化学物質~Part2~

Chemicals to watch out for in daily life ~Part2~

In your daily life you probably don’t give too much thought that we come in contact with chemicals that may negatively affect our health. Chemicals are found in everything from shampoo and laundry detergent to cooking pans and drinking water.

日常生活の中で、健康に悪影響を及ぼす可能性のある化学物質に触れることは、あまり意識していないのではないでしょうか。化学物質は、シャンプーや洗濯用洗剤、調理用の鍋や飲料水など、あらゆるものに含まれています。

Let’s stay safe and make a better informed choice when buying household products!

日用品を購入する際には、安全に留意し、より多くの情報に基づいた選択をしましょう。

Phtalates フタル酸エステル

Phtalates are binding agents and also make plastics flexible.They are found  in everyday items, including cosmetics, personal care products,  hair sprays, perfumes, soap, nail polish, shower curtains, medical tubing, IV bags, vinyl flooring and wall coverings, food packaging and coatings on time-release pharmaceuticals.

フタル酸塩は結合剤であり、プラスチックを柔軟にする働きがある。化粧品、パーソナルケア製品、ヘアスプレー、香水、石鹸、マニキュア、シャワーカーテン、医療用チューブ、点滴バッグ、ビニール製の床材や壁材、食品包装、徐放性医薬品のコーティング剤など、日常的なアイテムに含まれている。

Phthalates are linked to asthma, attention-deficit hyperactivity disorder, breast cancer, obesity and type II diabetes, low IQ, neurodevelopmental issues, behavioral issues, autism spectrum disorders, altered reproductive development and male fertility issues.

フタル酸エステル類は、喘息、注意欠陥多動性障害、乳がん、肥満とII型糖尿病、IQ低下、神経発達問題、行動問題、自閉症スペクトラム障害、生殖発達の変化、男性不妊の問題と関連しています。

Phthalates is huge class of chemicals, and these are just few examples you can find on labels: butyl benzyl phthalate (BBzP), dibutyl phthalate (DnBP), di-2-ethylhexyl phthalate (DEHP), diethyl phthalate (DEP), di-butyl phthalate (DBP), benzyl butyl phthalate (BBP), etc.

フタル酸エステル類は膨大な種類の化学物質であり、ラベルに記載されている例としては、フタル酸ブチルベンジル(BBzP)、フタル酸ジブチル(DnBP)、フタル酸ジ-2-エチルヘキシル(DEHP)、フタル酸ジエチル(DEP)、フタル酸ジブチル(DBP)、フタル酸ベンジルブチル(BBP)などがあります。

You can reduce your exposure to phthalates by using unscented lotions and laundry detergents, microwaving food in glass containers rather than plastic, using cleaning supplies without scents, avoiding air fresheners and plastics labeled as No. 3, No. 6 and No 7; purchasing organic products packaged in glass as much as possible.

無香料の化粧水や洗濯用洗剤を使う、プラスチックではなくガラス容器で食品を電子レンジで加熱する、無香料の掃除用具を使う、芳香剤やNo.3、No.6、No.7と表示されたプラスチックを避ける、できるだけガラス容器に入ったオーガニック製品を購入するなどの方法で、フタル酸エステル類への暴露を減らすことができます。

Also remove any food packaged in plastic from its packaging and place them in glass. Because DEHP continues to leech over time, you do actually reduce exposure by changing the storage container, even if it’s been in plastic before you bought it.

また、プラスチックで包装された食品は、包装から取り出してガラスに入れておきましょう。DEHPは時間の経過とともに溶出していくため、購入前にプラスチック製の容器に入っていたとしても、保存容器を変えることで暴露を減らすことができます。

Pesticides 殺虫剤

Pesticides are made up of inert and active ingredients, which help to mitigate, prevent, destroy, or repel pests, insect infestation, diseases, and also control weeds. Pesticides used in agriculture include fungicides, insecticides, herbicides, antimicrobials, algaecides, and more.

農薬は、不活性成分と活性成分で構成されており、害虫や虫の侵入、病気の緩和、予防、破壊、撃退、雑草の防除などの効果があります。農業分野で使用される農薬には、殺菌剤、殺虫剤、除草剤、抗菌剤、殺藻剤などがあります。

When farmers use these pesticides on fruits and vegetables, residues are left, and they contaminate the farm produce. The contamination is what makes most of the fruits and veggies unhealthy to consume without getting rid of the pesticides residue on them.

農家が野菜や果物にこれらの農薬を使用すると、残留物が残り、農作物を汚染してしまいます。この汚染のために、ほとんどの野菜や果物は、残留農薬を取り除かずに食べることはできません。

Some of the long-term effects are cancer, congenital disabilities, impaired fertility in males, respiratory problems, dermatitis, neurotoxic effects, and more.

長期的な影響としては、がん、先天性障害、男性の生殖能力の低下、呼吸器系の問題、皮膚炎、神経毒性の影響などがあります。

Consumer Reports’ experts recommend rinsing, rubbing, or scrubbing fruits and vegetables at home to help remove pesticide residue. 

Consumer Reports誌の専門家は、残留農薬を除去するために、自宅で果物や野菜を洗ったり、こすったりすることを勧めています。

https://www.consumerreports.org/fruits-vegetables/boost-the-benefit-of-fruits-and-veggies/

New study from researchers at University of Massachusetts, Amherst, suggests another method that may also be effective: soaking them in a solution of baking soda and water (2 tablespoons of baking soda to one cup of water). In study,  it took 12 to 15 minutes in the baking soda solution to completely get rid of the pesticides.

マサチューセッツ大学アマースト校の研究者による新しい研究では、重曹と水を混ぜた溶液(水1カップに対して重曹大さじ2)に浸すという、別の方法も効果的であることが示唆されています。研究では、完全に農薬を取り除くには、重曹溶液に12〜15分浸す必要がありました。

According to the Scientists at the Connecticut Agricultural Experiments Station, 9 of the 12 tested pesticides were removed by running water. This means washing your fruits and vegetables under cold running water can reduce the number of pesticide residues on your produce. This method removes between 75 percent and 80 percent of pesticide residues.

Connecticut Agricultural Experiments Stationの科学者によると、テストした12種類の農薬のうち9種類が流水によって除去されたそうです。つまり、冷たい流水で野菜や果物を洗うことで、野菜に残留する農薬の数を減らすことができるのです。この方法では、75%から80%の残留農薬が除去されます。

Soaking fruits and vegetables in a 10 percent saltwater solution for 20 minutes gets rid of most of the residues from the four most common pesticides 

果物や野菜を10%の塩水に20分間浸すと、最も一般的な4種類の農薬の残留物のほとんどを取り除くことができます。

Vinegar is another way to remove residues from fruits and vegetables. Some suggest that a solution of 4-parts water to 1-part vinegar for about 20 minutes should do the trick.

野菜や果物に付着した残留物を除去するには、酢を使う方法もあります。水4:酢1の割合で20分ほど放置すると効果的だと言われています。

There is also Ultrasonic Vegetable and Fruits Cleaner that uses ozone and ultrasonic waves to remove residual agricultural chemical residues and keep produce fresh.

また、オゾンと超音波で残留農薬を除去し、野菜や果物の鮮度を保つ「超音波野菜・果物クリーナー」もあります。


The reality is, it is impossible to avoid all the ingredients stated above completely, but it is always good for us to be equipped with some knowledge to make an informed decision.

実際のところ、上記のような成分を完全に避けることは不可能ですが、情報に基づいた判断をするためには、いくつかの知識を身につけておくことが望ましいでしょう。

-健康

© 2021 健美Style