健康

日常生活で気をつけるべき化学物質~Part1~

  1. HOME >
  2. 健康 >

日常生活で気をつけるべき化学物質~Part1~

Chemicals to watch out for in daily life ~Part1~

In your daily life you probably don’t give too much thought that we come in contact with chemicals that may negatively affect our health. Chemicals are found in everything from shampoo and laundry detergent to cooking pans and drinking water.

日常生活の中で、健康に悪影響を及ぼす可能性のある化学物質に触れることは、あまり意識していないのではないでしょうか。化学物質は、シャンプーや洗濯用洗剤、調理用の鍋や飲料水など、あらゆるものに含まれています。

Let’s stay safe and make a better informed choice when buying household products!

日用品を購入する際には、安全に留意し、より多くの情報に基づいた選択をしましょう。

SLS ラウリル硫酸ナトリウム

If you look at the shampoo’s label with ingredients, usually the first one you’ll see will be sodium lauryl sulfate or sodium laureth sulfate (SLS).

シャンプーのラベルに記載されている成分を見てみると、通常、最初に目につくのはラウリル硫酸ナトリウム(SLS)です。

SLS work as a surfactant, trapping oil and dirt in hair so it can rinse away with water. SLS is also an effective foaming agent, it can help create a rich lather in products like body & hand wash or facial cleansers. 

SLSは界面活性剤として働き、髪の毛の油分や汚れを閉じ込め、水で洗い流すことができます。また、SLSは効果的な発泡剤でもあり、ボディ&ハンドウォッシュやフェイシャルクレンザーなどの製品で豊かな泡を作るのに役立ちます。

In toothpaste SLS helps create the foaming action and remove food particles from teeth.

歯磨き粉に含まれるSLSは、泡立ちを良くして歯についた食べかすを取り除く働きがあります。

So why is it important to have a product  labeled “sulfate-free” or “SLS free”?

では、なぜ「サルフェートフリー」や「SLSフリー」と表示されている製品が重要なのでしょうか?

Originally, sulfates were developed by the laundry industry as synthetic detergents to wash your cloth. Later on they started using them in products like shampoos and body soaps because they were cheap and lathered really well   which gave people a sensation of “powerful, super cleansing” when the lather rinsed off.

もともと硫酸塩は、洗濯業界で布を洗うための合成洗剤として開発されました。その後、安価で泡立ちがよく、洗い流したときに「強力な超洗浄力」を実感できることから、シャンプーやボディソープなどに使用されるようになりました。

However, even though they are great at cleaning  fabrics and objects, sulfates are too harsh for your hair and body. Sulfates like sodium lauryl sulfate and sodium laureth sulfate don’t just lift away dirt and grime, they also strip away the delicate layers of natural moisturizers (created by your body’s own sebum) that protect, smooth and keep your hair and skin optimally healthy.

しかし、布地や物の洗浄には優れていても、髪や体には硫酸塩は刺激が強すぎます。ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムのような硫酸塩は、単に汚れを落とすだけでなく、髪や肌を保護し、滑らかにし、最適な健康状態を保つデリケートな天然保湿成分(体内の皮脂によって作られる)の層を奪ってしまうのです。

They can be very drying for people with curly or color-treated hair and irritating for people with skin conditions like  eczema, dermatitis or psoriasis. Sulfates  also cause hair color to fade. 

カーリーヘアやカラーリングされた髪の毛には非常に乾燥しやすく、湿疹や皮膚炎、乾癬などの皮膚疾患のある人には刺激となります。また、硫酸塩はヘアカラーの退色の原因にもなります。

When shopping for shampoo online or in store look under “SLS free shampoo” (ラウレス硫酸ナトリウムフリーシャンプー) like this one , for example:

シャンプーを購入する際には、ラウレス硫酸ナトリウム フリーシャンプーの項目を探してみてください。

Herbanica Herbs and Lavender Shampoo

Parabens パラベン(防腐剤)

Parabens are chemical preservatives used to prevent the growth of mold and bacteria in various health and beauty products. 

パラベンは、様々な健康・美容製品のカビやバクテリアの繁殖を防ぐために使用される化学的な防腐剤です。

Parabens come in a variety of types with different preservative qualities including butylparaben, ethylparaben, methylparaben, propylparaben, and isobutylparaben. 

パラベンには、ブチルパラベン、エチルパラベン、メチルパラベン、プロピルパラベン、イソブチルパラベンなど、防腐効果の異なるさまざまな種類があります。

Several studies have shown that parabens have weak estrogen-like properties that can be linked to breast cancer. These initial studies were linked to other research that detected parabens in the breast tissues of patients with breast cancer. 

いくつかの研究で、パラベンには弱いエストロゲン様作用があり、それが乳がんにつながる可能性があることが示された。これらの初期の研究は、乳がん患者の乳房組織からパラベンが検出された他の研究と関連しています。

Experts estimate that 85 percent of all personal care products contain parabens. Personal-care parabens—shampoos, makeup, shaving gels and more—are absorbed through the skin. 

専門家によると、すべてのパーソナルケア製品の85%にパラベンが含まれていると言われています。シャンプー、メイクアップ、シェービングジェルなどのパーソナルケア製品に含まれるパラベンは、皮膚から吸収されます。[参考URL

Paraben free products use Phenoxyethanol, Sodium Benzoate (and Benzoic Acid), or Benzyl Alcohol as an alternative for preservatives.

パラベンフリー製品は、防腐剤の代替として、フェノキシエタノール、安息香酸ナトリウム(および安息香酸)、ベンジルアルコールなどを使用しています。

More niche paraben alternatives include  lemongrass oil, sodium anisate, clove oil and grapefruit extract.

よりニッチなパラベンの代替品としては、レモングラスオイル、アニス酸ナトリウム、クローブ油、グレープフルーツエキスなどがあります。


The reality is, it is impossible to avoid all the ingredients stated above completely, but it is always good for us to be equipped with some knowledge to make an informed decision.

実際のところ、上記のような成分を完全に避けることは不可能ですが、情報に基づいた判断をするためには、いくつかの知識を身につけておくことが望ましいでしょう。

-健康

© 2021 健美Style